会社で上司や同僚からセクハラ行為を受けています、どうすればよいでしょうか

 セクシャルハラスメント(セクハラ)とは、職場において行われる労働者の意に反する性的言動によって、労働者が不快に感じ、働く環境が悪化したり、このような行為に対する対応によって、不利益を受ける結果になる行為を言います。

 このようなセクハラ行為に対しては、まずは、相手に不快に感じていることを伝えることや、会社の相談窓口などに相談しましょう。セクハラ行為は、場合によっては、名誉棄損などの刑事事件となったり、慰謝料など損害賠償請求の対象にもなります。

チーム弁護士 滋賀第一法律事務所の弁護士は事件解決に当たって複数・全員で取り組みをします。
            広い視野と経験で迅速な対応が可能です。

取引先が倒産した場合、どのように債権回収をすればよいのですか。

 まず、取引先が破産宣告を受けた場合には、破産管財人によって会社財産は全て現金化されて破産財団となりますので、債権者は、この破産財団から他の債権者と平等に配当を受けることが原則となります。ただし、取引先の会社の資産に担保権を設定していた場合には、優先的に弁済を受けることが可能です。

 次に、取引先が任意整理(裁判所を関与させないで負債を整理し減額させる方法)の場合は、いくらの債権回収ができるかは、取引先との交渉によることになります。

Copyright©2008- Shigadaiichi Low Office. All Rights Reserved.          
 

会社のパソコンを私的に利用すること(インターネットや電子メール)には、問題がありますか。

 会社のパソコンを私的に利用することが許されるかどうかは、会社がこれを禁止しているかどうかがポイントになります。会社が禁止しているのに私的に利用したり、会社が私的利用を許していてもその許された範囲を超えるような私的利用をすると、その程度によりますが、場合によっては解雇などの処分の理由になりかねませんので、注意する必要があります。

取引先が売掛金を支払ってくれないような場合、どのように債権回収をすればよいのですか。

 債権回収には、大きく分けて任意的回収と強制回収とがあります。任意的回収とは、取引先の状況からして支払についての交渉が可能な場合に、交渉し、分割払いの合意、担保の設定などをしてもらって債権回収を図る方法です。これに対し、強制回収とは、交渉が難しい場合に、訴訟などの裁判手続きを利用して債権回収を図る方法です。その他にも、状況によって別の債権回収方法が考えられる場合もあります。

滋賀第一法律事務所    中小企業のご相談
 滋賀第一法律事務所ご相談お申込み 画像  トラブルや悩みは、抱え込まずお気軽に弁護士にご相談いただくことによって、解決への時間と労力が軽減されます多重債務問題のご相談は、初回無料です。また、当事務所の弁護士はすべて法テラスと契約をしています。一定の収入がない方は、滋賀第一法律事務所において法テラス無料相談が受けられます。詳しくはお電話でお問い合わせください。 

弁護士 玉木 昌美

労働相談なら滋賀第一法律事務所 弁護士玉木昌美 写真

弁護士 近藤 公人

不動産の相談なら弁護士近藤公人 写真

弁護士 樋口真也

交通事故の相談なら弁護士樋口真也 写真

弁護士 和合佐登恵

弁護士 永芳 明

パワハラ解雇労働問題なら弁護士永芳 明写真
戻る
滋賀第一法律事務所 受付時間:平日9時〜18時  画像
滋賀 弁護士【滋賀第一法律事務所】のホームへ 画像
Web予約はこちら
                    滋賀第一法律事務所  
       滋賀の弁護士相談は滋賀第一法律事務所へ  借金・相続・離婚・不動産・交通事故 
       〒520−0044 滋賀県大津市京町3丁目4番12号アーバン21 5階 電話077−522−2118
        業務時間 平日9時〜18時 休みは土日祝日
       滋賀弁護士会所属 弁護士玉木昌美 近藤公人 永芳 明 和合佐登恵 樋口真也         1969年設立
 滋賀弁護士会所属弁護士玉木昌美・近藤公人・永芳明・和合佐登恵・樋口真也の中小企業のあらゆる法律相談は、JR大津駅より徒歩7分にあります滋賀第一法律事務所までご連絡ください
滋賀第一法律事務所 事務所案内 詳しくはこちらから  画像
 滋賀第一法律事務所HOME>相談内容中小企業の問題