Copyright©2008- Shigadaiichi Low Office. All Rights Reserved.          
滋賀第一法律事務所   お金の貸し借り 保証人のご相談

1ヶ月後に返す約束でお金を貸しましたが、返してもらえません。請求しても「待ってくれ。」の一点張りです。どうしたらよいですか。

 内容証明付きの文書で督促し、期日内に支払いがない場合には法的手続を採ることを通告します。それでも、支払いがない場合には、調停や訴訟をすることになります。弁護士が代理人について請求をし、交渉する場合には、相手方が訴訟になることを懸念し、任意で支払いをする場合もあります。いずれにせよ、積極的に行動することが必要です。

友人から100万円を貸してほしいと言われました。貸そうと思いますが、どうしたらよいですか。

 貸した事実が後に確認できるように、借用書を作成し、署名・押印をしてもらいます。借用書には、金額や弁済期、利息の約束をする場合にはその内容を記載します。
お金の貸し借り 保証人の相談戻る
滋賀第一法律事務所 受付時間:平日9時〜18時  画像
滋賀 弁護士【滋賀第一法律事務所】のホームへ 画像
Web予約はこちら
友人に30万円を貸して、そのままにしていて10年が経過してしまいました。これから請求しようと思いますが、できますか。

 請求することはできますが、その友人は時効を主張して支払いを拒むことができます。これを「時効の援用」といいます。
友人が義理堅い人で何年経とうとも借りたものは返すという姿勢であれば、時効を考えることなく、返済を受けることができます。

チーム弁護士 滋賀第一法律事務所の弁護士は事件解決に当たって複数・全員で取り組みをします。
            広い視野と経験で迅速な対応が可能です。
 滋賀第一法律事務所ご相談お申込み 画像  トラブルや悩みは、抱え込まずお気軽に弁護士にご相談いただくことによって、解決への時間と労力が軽減されます多重債務問題のご相談は、初回無料です。また、当事務所の弁護士はすべて法テラスと契約をしています。一定の収入がない方は、滋賀第一法律事務所において法テラス無料相談が受けられます。詳しくはお電話でお問い合わせください。 
 滋賀弁護士会所属弁護士玉木昌美・近藤公人・永芳明・和合佐登恵・樋口真也のお金の貸し借り、保証人についてのあらゆる法律相談は、JR大津駅より徒歩7分にあります滋賀第一法律事務所までご連絡ください。

公正証書を作成したほうがよいと言われましたが、それはどういうものですか。なぜ、それを作るとよいのですか。

 不払いになったときに請求する場合、裁判をして判決をもらってから、債務者に対して強制執行をすることになります。公正証書を作成しておけば、裁判をしなくても強制執行をすることができます。公証人役場で作成しますが、その内容については弁護士に相談して確定することもできます。

弁護士 玉木 昌美

労働相談なら滋賀第一法律事務所 弁護士玉木昌美 写真

弁護士 近藤 公人

不動産の相談なら弁護士近藤公人 写真

弁護士 樋口真也

交通事故の相談なら弁護士樋口真也 写真

弁護士 和合佐登恵

弁護士 永芳 明

パワハラ解雇労働問題なら弁護士永芳 明写真
 滋賀第一法律事務所HOME>相談内容お金の貸し借り、保証人について

親しい友人にお金を貸したとき、借用書をもらいませんでした。借用書がないと請求できませんか。

 借用書がない場合、お金を貸したことにならないでしょうか。そうではありません。お金を貸したことが事実であれば、返済を請求することができます。もっとも、借用書があって、署名・押印が確認されれば、貸金請求事件での立証は容易です。しかし、借用書がない場合、証明することに困難があります。間接的にお金を貸した事実(たとえば、銀行でお金をおろしたこと)や証言等で貸したことは間違いないであろうと裁判官に考えてもらうことが必要になるわけです。いずれにせよ、借用書がない事件も最初からあきらめないで弁護士に相談されるほうがよいでしょう。
滋賀第一法律事務所 事務所案内 詳しくはこちらから  画像
                    滋賀第一法律事務所  
       滋賀の弁護士相談は滋賀第一法律事務所へ  借金・相続・離婚・不動産・交通事故 
       〒520−0044 滋賀県大津市京町3丁目4番12号アーバン21 5階 電話077−522−2118
        業務時間 平日9時〜18時 休みは土日祝日
       滋賀弁護士会所属 弁護士玉木昌美 近藤公人 永芳 明 和合佐登恵 樋口真也         1969年設立