滋賀第一法律事務所  
       滋賀の弁護士相談は滋賀第一法律事務所へ  借金・相続・離婚・不動産・交通事故 
       〒520−0044 滋賀県大津市京町3丁目4番12号アーバン21 5階 電話077−522−2118
        業務時間 平日9時〜18時 休みは土日祝日
       滋賀弁護士会所属 弁護士玉木昌美 近藤公人 永芳 明 和合佐登恵 樋口真也         1969年設立
びわ湖バレイ 写真
滋賀第一法律事務所     交通事故のご相談
チーム弁護士 滋賀第一法律事務所の弁護士は事件解決に当たって複数・全員で取り組みをします。
            広い視野と経験で迅速な対応が可能です。
 滋賀第一法律事務所ご相談お申込み 画像  トラブルや悩みは、抱え込まずお気軽に弁護士にご相談いただくことによって、解決への時間と労力が軽減されます多重債務問題のご相談は、初回無料です。また、当事務所の弁護士はすべて法テラスと契約をしています。一定の収入がない方は、滋賀第一法律事務所において法テラス無料相談が受けられます。詳しくはお電話でお問い合わせください。 

交通事故を起こした場合どのような責任がかせられますか

 交通事故を起こした場合、刑事、行政、民事の3つの責任があります。
 刑事では、警察、検察庁に呼ばれ、交通事故の事情を聞かれ、あなたの過失、被害者の程度により、正式裁判をするかどうかを判断します。
 行政では、事故の対応、被害者の程度により、免許の点数が減点され、免許停止、免許取消処分が科せられることがあります
 民事では、被害者に発生した損害を賠償することになります。任意保険に入っていれば、その保険会社が基本的に対応してくれます。

損害賠償はいつまでできるのですか

損害賠償金額が確定するのは、症状固定といって、これ以上治療してもよくなりませんよという時期です。このときから3年以内に訴訟を提起しなくてはいけません。
事故を警察に届けなければどうなりますか
 人身事故の場合は、報告義務がありますので、届け出をしないと、ひき逃げとなり、刑事事件となります。事故が軽傷で、相手方が大丈夫と言っても、必ず届けて下さい。

交通事故に遭いました。今後の手続を教えて下さい

 加害者が任意保険に入っている場合、保険会社の担当者が窓口となります。
  治療費は、保険会社が直接病院に支払ってくれます。休業損害は、会社に証明書を作成してもらい、保険会社に請求します。
  これ以上治療しても症状がよくならないとき、症状固定といいます。このときに、損害額が決まります。後遺症があれば、後遺症診断書をもらい、自賠責保険に対し、認定をもらいます。
  保険会社から、示談書の案が提案されますので、一度、弁護士と相談をして下さい。訴訟となった時の請求金額をお教えします。
滋賀第一法律事務所 交通事故のご相談ページトップ戻る
滋賀第一法律事務所 受付時間:平日9時〜18時  画像
滋賀 弁護士【滋賀第一法律事務所】のホームへ 画像
Web予約はこちら
  未成年者が加害者の場合、誰を相手に損害賠償すればいいですか
   未成年者の親権者を相手にする必要があります。親権者が誰か調査する必要があります。

加害者が任意保険に入っていない場合

 自賠責保険の適用がありますが、症状固定までの治療費、休業損害として、自賠責保険からは120万円しか出ません。
 休業損害の確保として、加害者に同意書をもらい、自らが入っている保険証を使った方がよいでしょう。

弁護士 玉木 昌美

労働相談なら滋賀第一法律事務所 弁護士玉木昌美 写真

弁護士 近藤 公人

不動産の相談なら弁護士近藤公人 写真

弁護士 樋口真也

交通事故の相談なら弁護士樋口真也 写真

弁護士 和合佐登恵

弁護士 永芳 明

パワハラ解雇労働問題なら弁護士永芳 明写真
Copyright©2008- Shigadaiichi Low Office. All Rights Reserved.          
 あなたが入っている任意保険に、弁護士特約が付いている時は、これを利用して、法律相談や事件を受任することができます。ご利用下さい。
 滋賀第一法律事務所HOME>相談内容交通事故のご相談
 滋賀弁護士会所属弁護士玉木昌美・近藤公人・永芳明・和合佐登恵・樋口真也の、交通事故の相談、交渉その他あらゆる法律相談は、JR大津駅より徒歩7分にあります滋賀第一法律事務所までご連絡ください。.
事故を届けないと保険請求はできませんか
保険請求ができますが、保険の請求の手続が大変面倒になります。必ず届けて下さい。
滋賀第一法律事務所 事務所案内 詳しくはこちらから  画像