弁護士紹介近藤公人事件簿 写真
滋賀第一法律事務所弁護士紹介      弁護士 近藤公人(こんどうきみひと)事件簿
恐喝事件
 被疑者とは、入れ墨を消す約束をしました。理由は「痛い思いをしてこれに我慢すれば自分が強くなれると思ったのであれば、もう我慢して彫ったのであるから、入れ墨は必要ではないでしょう」と言ったところ素直に約束をしてくれました。被害者とも示談することが出来ました。
 恐喝事件を受けました。前刑も恐喝事件で執行猶予期間中の犯行です。誰もが正式裁判で実刑だと思います。
前刑は、彼女がお金を貸していたのでそれを取り戻すために脅した事件です。今回は、彼女が浮気して、その浮気相手からお金を取ろうと、深夜に呼び出し、入れ墨を見せて、恐喝したという事件です。被害金額は1万円ですが、あと9万円支払う約束をしました。
弁護士近藤公人事件簿ページトップへ戻る 画像
滋賀第一法律事務所 受付時間:平日9時〜18時 画像
滋賀 弁護士【滋賀第一法律事務所】のホームへ
Web予約はこちら
 被疑者国選弁護で
 被疑者本人に会うと
 弁護士近藤公人が恐喝事件の被疑者国選で弁護人活動をした雑感をご紹介します。本人に出会って、話を聞くと青年は入れ墨を消す約束をしてくれました。そして、被害者とも示談が出来ました。
                    滋賀第一法律事務所  
      滋賀の弁護士相談は滋賀第一法律事務所へ  借金・相続・離婚・不動産・交通事故 
       〒520−0044 滋賀県大津市京町3丁目4番12号アーバン21 5階 電話077−522−2118
        業務時間 平日9時〜18時 休みは土日祝日
       滋賀弁護士会所属 弁護士玉木昌美 近藤公人 永芳 明 和合佐登恵 樋口真也 
          1969年設立
通常は正式裁判です。検事も家庭環境、被害金額、実際に浮気があった事実を考慮して実刑はかわいそうだと思い、不起訴にしてくれました。担当検事が違っていたら結論が変わっていたかも知れません。
 執行猶予期間中の再度の事件ですから
 スキンヘッドの入れ墨、これはヤクザだと思いましたが、話を聞くとヤクザとは全く関係がありません。単に入れ墨を彫ってその時に痛い思いをして、これを我慢すれば自分は強くなれると思い、入れ墨を彫ったというだけです。金額も多額でなく正当な金額です。入れ墨前の写真の青年を見ると普通の青年でした。
 刑事弁護なら弁護士近藤公人 写真
 滋賀第一法律事務所HOME>弁護士紹介弁護士近藤公人>近藤公人の事件簿
Copyright©2008- Shigadaiichi Low Office. All Rights Reserved.