手紙を書け

弁護士 玉木昌美

 世界的に有名な彫刻家である佐藤忠良氏は「汗をかけ。恥をかけ。手紙を書け。」と言っています。汗をかいて努力し、失敗して恥をかいて向上し、そして、手紙を書いて人間関係を作っていくことが重要であるというわけです。ここ数年、中学校や高校へ出張授業に行くことがあり、子どもたちにはその重要性を伝えるようにしてきました。

「手紙を書け」はすぐに礼状を書けということにつながります。何かをしてもらったら、お礼の気持ちをすぐに伝えることが大切です。法律家の間でも頻繁に文書や資料のやりとりをしますが、送ればすぐにお礼状が返ってくる人もいますが、要請を受けて資料を送付しても「ありがとう。」の一言もなく、何の反応もない人もいます。

クレジットサラ金問題で被害者救済運動に人生をかけ、すばらしい活動をされてきた大先輩の木村達也弁護士(大阪)は何かを送付すればすぐに絵葉書に感想を書いて送ってくださいます。全国レベルの集会等を開催される場合には、当該府県の事務担当者に絵葉書攻勢をかけるというのも有名な話です。さすがに全国レベルの運動を展開される先生は違う、と心から尊敬しています。先生からいただいた絵葉書は心のこもった温かい言葉が多く、いつも励まされ、その絵葉書の数は夥しいものとなり、アルバムができそうなくらいです。私は木村先生を見習い、マラソン大会で行った際に美術館で購入した絵葉書を使用してお礼状を書くようにしています。

これまで司法修習生の指導を担当してきましたが、講義や個別指導でも手紙を書くことの重要性を強調しています。修習生の中には「弁護修習は、僕にとって全国の修習生の誰よりも素晴らしい弁護修習となったと思っております。」と礼状をくれた方もありました。

人間お互いに励まし合って生きる、そこに感動があるのだと思います。

 

出張授業を通じて考えたこと

 先日、滋賀県守山市内の中学3年生の生徒さんを対象に、労働に関する出張授業をしてきました。

 契約であるとか、労働契約、労働条件という聞き慣れない話に対して、皆さん熱心に講義を受講されていました。

 ある生徒さんからの質問で、「労働者を守る法律がたくさんあるのに、残業代の問題とかなくならないのはなぜか。」というものがありました。とても鋭い質問です。法律が機能していれば、労働問題は生じないはずです。なぜ機能していないかと言えば、使用者>労働者という構図になっている会社が多く、労働者を守る法律が軽視されているからです。

 アダム・スミスは『国富論』において、重商主義の発想を否定しています。冨の根源は労働にありとする「重人主義」を国富論の拠って立つ基盤としています。商品の価値、その生産の投下された人間の労働の質と量によって決まります。現代において再考される考え方ではないでしょうか。

弁護士 和合佐登恵

車いす利用者の視点

先日、仕事先に向かうため歩いていると、車いすに乗った男性が、横断歩道のかなり前で止まっており、信号が変わったら横断歩道を渡るのを手伝ってほしいということでした。手伝いながらお話を聞くと、歩道から横断歩道にかけて、意識しないと分からない傾斜があります。車いす利用車からすると、この傾斜は急であって 、よってスピードが出てしまい、横断歩道に飛び出しかねないという不安があるようでした。そして、歩道をつくるにおいて、段差がなければ解決と思って欲しくない、こういう傾斜だって危険である。きっと車いす利用者の視点をもたずにつくったのだろうとおっしゃっていました。
バリアフリー化するのであれば、まさにそれを利用する方の意見、視点が大事です。これを忘れてバリアフリーをしていると言うのは単なるおごりになりかねません。

弁護士 和合佐登恵

年末年始の業務について

平素は滋賀第一法律事務所をご利用いただき、誠にありがとうございます。

誠に勝手ながら、下記の期間を休業させていただきます。

休業日 2017年12月29日(金)~2018年1月8日(月・祝)

2018年1月9日(火)より通常業務とさせていただきます。

ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

7月に施行された「改正」法について

弁護士 永芳 明

当事務所でも反対運動に取り組んでいた「共謀罪法」が7月11日より施行されたいます。

日弁連、各地の弁護士会もこぞって反対し、問題だらけの法律です。

また、7月13日から性犯罪を厳罰する改正刑法が施行されています。

色々な法律改正が相次ぎますが、そのフォローに努めています。

改正された法律に関するご相談もお聞きします。

リスクマネジメントについての講演

弁護士 近 藤 公 人

2017年(平成29年)7月20日10時から12時まで 大津市立やまびこ総合支援センターにて「ヘルプ事業におけるリスクマネジメント」の講演をしてきました。

講演では、ヘルプ事業の裁判例を取り上げましたが、リスクマネジメントの考え方、手法についても話しました。考え方や手法は、どこの分野や業種でも同じです。予防法学をめざす私としては、マッチした内容でした。

危機管理、コンプライアンスについての認識が高まってきています。リスクマネジメントの考え方、手法を勉強される機会がありましたら、お声をかけていただければ幸いです。

えん罪日野町事件の急展開

弁護士 玉木昌美

 犯人にされた阪原弘さんの遺族によるえん罪日野町事件の再審請求事件は提訴して6年目に入りました。この2017年7月18日、19日と捜査を担当した元警察官2名と元検察官の証人尋問を行いました。これまでは証拠開示問題で三者協議を重ねてきましたが、いよいよ証人尋問に入ったわけです。
証拠開示により、捜査段階の引き当てや犯行再現の写真・ネガが多数開示されました。その分析の結果、たとえば、金庫引き当ての実況見分調書には、19枚のうち8枚の写真は復路で撮ったものであることが判明しました。
この事件は捜査段階の捜査官に対する自白以外まともな証拠がありません。犯人ならではの秘密の暴露は何もない事件です。捜査側は、阪原さんが誘導することなく、金庫投棄現場等を案内したから犯人であると主張し、引き当てができたことを犯人性の根拠にしていました。担当警察官は、現場を案内させ、その都度写真を撮って実況見分調書を作成した、と一審で証言していました。
ところが、今回の尋問の結果、結果的に復路で撮った写真をあたかも往路で撮ったかのように使って調書を作成し、かつ、そのことには触れないで証言していたことがわかりました。撮影した写真の順番も確認せず、ネガとも照合せず、帰路も含めて一番よい写真を使って、いわば偽りの調書を作り、その認識はともかく、結果的に事実に反する証言をしていたわけです。再審を担当している検察官は「任意に案内できたことは間違いないから問題がない。」と主張していますが、引き当ての過程をそのまま証拠化しなければ、引き当てが任意にできたことを証明することにはなりません。一審の有罪判決は、捜査官が信頼できることを強調し、任意に案内できたとしましたが、その信頼は崩壊することになります。そもそも金庫投棄現場は捜査官に答えがわかっていたことであり、自白が虚偽であれば、引き当てはその延長線上にあるものにほかなりません。
弁護団はこれから3人の証言の分析を行い、最終意見書につなげていくつもりです。
9月4日には、殺害方法について鑑定意見書を作成した医師の尋問が予定されています。座っている被害者を中腰で両手で絞め殺した、という自白による殺害方法では殺せないことを遺体の損傷を分析した医師の証言により明確にする予定です。
今後も日野町事件に対するさらなるご支援をよろしくお願いします。

ホームページをリニューアルしました

ホームページをリニューアルしました。ラインでのご相談のご予約も可能になりましたのでぜひご利用下さい。今後、ツイッターやフェイスブックなどでも、みなさまのお役に立つ情報を発信できるよう準備を進めています。ご期待下さい。